ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション [DVD]

それくらいおもしろいし、いい映画です。

でも非常に真摯なつくりの名画であることは断言して良いと思います。

また劇中で描かれるうつ病の描写も私の知り合いの精神科医がお墨付きを出すほど正確です。

これが自分の知っている現実の一例です。

僕もツレといったのですが、号泣していました。

僕自身、うつ病に関してまったくと言っていいほど知りませんでした。

元気じゃなくなるんだろうなーくらいにしか認識してませんでした。

・鬱は十人十色どころか十人百色というくらい複雑怪奇で、この映画はあくまで一例。

ウツの現実を非常によく研究して作っていますし、演じています。
・医学的な描写はほとんどなく、鬱を詳しく知ることは出来ません。